東海大学新聞記事_TICAR編

東海大学新聞10月号に東海大学イメージング研究センターの特集記事が掲載されました。
学生ユーザーからの利用に対するコメントや連携先のニコンインステックさまの思いが伝えられています。

★WEB版はこちら

サストラ大学で研修プログラムを実施

マイクロ・ナノ研究開発センターでは8月5日から13日まで、インド・サストラ大学のナノテクノロジー&アドバンストバイオマテリアルセンター(CeNTAB)で本学の学生を対象にした研修プログラムを実施しました。両センターが昨年締結した教育研究に関する覚書に基づいて初めて行ったもので、工学部の学生と大学院生11名が参加しました。

本学の公式ウェブサイトで紹介されました。記事はこちら

TUNE9で喜多教授が講演しました

8月24、25日に熊本キャンパスで東海大学マイクロ・ナノ啓発会(Tune)第9回学術講演会が開催されました。
オーラルセッションで当センターの喜多教授が「東海大学マイクロ・ナノ研究開発センターの現在と未来」と題して講演しました。
ポスターセッションでも多くの関連研究者が成果を発表しました。

★本学公式ウェブサイトの記事はこちら

東海大学新聞記事_山花先生編

アンデスの失われた技術に挑む 文理融合の研究が始動

東海大学新聞8月号に文学部の山花京子准教授の研究が紹介されました。
山花先生はイメージング研究センター(TICAR)の装置で遺物の分析を行っています。

KISTEC教育講座

本センターの教員が2月27日に川崎市のかながわサイエンスパーク内KSPホールで開催された独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)主催の教育講座「医工連携におけるエンジニアリングの新たな潮流」(共催:東海大学)で講演しました。医療分野のニーズをもとに医学と工学が連携して新たなイノベーションを目指す取り組みとして依頼を受けたもので、当日は大学の研究者や企業の担当者ら約70名が参加しました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら↓
マイクロ・ナノ研究開発センターの教員が「医工連携におけるエンジニアリングの新たな潮流」で講演しました

秦野市との産学公連携推進事業

2月16日に秦野市内の企業担当者らを対象にしたセミナー「東海大学イメージング研究センターにおける産学連携」を開催しました。企業と大学の人的・技術的交流を推進することを目的に、本学が秦野市商工会議所工業部会と秦野市と連携して行っている産学公連携推進事業の一環で実施したもので、約20名が参加しました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら↓
秦野市・秦野商工会議所工業部会・東海大学 平成29年度産学公連携推進事業「東海大学イメージング研究センターにおける産学連携」を開催しました

木村准教授が松前重義学術奨励賞!

木村啓志准教授が、校法人東海大学の2017年度松前重義賞において学術部門「松前重義学術奨励賞」を受賞しました。松前重義賞は、建学の精神に基づき、文化・スポーツ・学術研究の分野で顕著な成績(業績)を収めた学園の学生、生徒、児童、園児、教職員と卒業生らをたたえるものです。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

MNTC特別セミナー!第46回講演会

今回は、私大研究ブランディング事業に採択された関西大学先端科学技術推進機構医工薬連携研究センター長の大矢先生に、研究内容はもちろんのこと採択事業における取り組みについてもお話をうかがいました。
講師の大矢先生、貴重なお話をありがとうございました。


MNTC特別セミナー!第45回講演会

1/15(月)17:00~MNTCセミナーvol.45を開催しました。多くの研究者・学生のみなさまにご参加いただきありがとうございました。
《総研プロジェクト「人と街と太陽が調和する」創・送エネルギーシステムの開発》の冨田先生はじめ関係の先生方、講師のソヘル博士ありがとうございました。


おおた研究・開発フェア

10月26、27日に大田区産業プラザPioで行われた「第7回おおた研究・開発フェア 産学連携・新技術展」
(主催:大田区、公益財団法人大田区産業振興協会)にブースを出展しました。
26日には、会場内で実施された「出展者プレゼンテーション」に砂見講師が登壇し、
「ダイカストの湯流れに関する研究、及び実験器具と解析結果の紹介」と題して日ごろの研究内容を発表しました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

共催!IRAGO Conference 2017

2017年11月1−2日 電気通信大学(調布市)にてIRAGO Conference 2017が開催されました。
http://www.iragoconference.jp/
東海大学は共催として参加し、招待講演、プレミアムポスターセッション、ポスターセッションにてMNTC研究者が発表しました。
今年はマテリアルをキーワードに国内外から多数の研究者・学生による発表がなされました。
100名を優に越す参加者があり、その半数以上が学部生、大学院生からの参加を頂くことができ、将来の発展、拡大に期待胸膨らむ国際カンファレンスとなりました。
特に今回は、高校生からのポスターセッション参加を頂くことができ、高大連携への架け橋となれたこと、また、1日目夜のイブニングセッションでは、AAAS Science誌との共同開催を通じて、今まで以上の広範な異分野融合に向けた視点を養うことができたことなど、大変有意義なカンファレンスとなりました。

 

MNTCIS2017開催しました!

 

東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター国際シンポジウム

2017年8月26日(土)・27日(日)
東海大学湘南校舎19号館/ネクサスホール

おかげをもちまして無事に終了しました。
皆様のご協力に感謝申し上げます。ご協力をありがとうございました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら
http://www.u-tokai.ac.jp/research/news/detail/2017_4.html

中川助教が受賞!

中川草助教が日本進化学会の研究奨励賞を受賞しました。
この賞は、進化学やその関連分野において大きな発展が期待される若手の学会員に授与されるものです。

本学ウェブサイトの記事はこちら

サストラ大学との協定

インド・SASTRA大学のナノテクノロジー&アドバンストバイオマテリアルセンター(CeNTAB)と教育研究交流に関する覚書を締結しました。
槌谷教授が調印式に出席し、CeNTABのS.Saminathan所長と覚書を取り交わしました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

国際プレスリリースされました

マイクロ・ナノ研究開発センターの岡村准教授の研究成果が国際プレス発表されました。(September 8, 2017)

Tokai University research: Nanomaterial wrap for improved tissue imaging
Researchers at Tokai University describe in Advanced Materials how wrapping biological tissue in a nanosheet of a particular organic material results in high-quality microscopy images. Application of the wrap prevents the sample from drying out, and hence from shrinking, enabling larger image-recording times.
http://www.prweb.com/releases/2017/08/prweb14606522.htm

岡村准教授の研究グループが…

岡村陽介准教授(工学部応用化学科)と国立大学法人北海道大学電子科学研究所の根本知己教授を中心とする研究グループが、生体組織の乾燥とぶれを防ぎつつ、高解像度での観察(イメージング)を実現する新発想の観察試料作成技術「撥水性超薄膜ラッピング法」を確立しました。本研究の成果は、2017年8月11日(金)ドイツの学術誌『Advanced Materials』(DOI:10.1002/adma.201703139)に掲載されました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

 

インドからの訪問研究員

槌谷研究室で4月から、インド・サストラ大学出身でCochin University of Science and Technologyの
ディヴィア・ポンヌサミー博士を訪問研究員として受け入れています。
ポンヌサミー博士は、さまざまな研究活動に有益な施設が整っている本学への派遣を希望し、
学園の創立者・松前重義博士が設立した松前国際友好財団の支援を受けて来日。10月まで本研究室に滞在します。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

大学院生がYoung Investigator Award!

岡村研究室の五十嵐敦さん(工学研究科応用理化学専攻)が、
6月16、17日に津市の三重県総合文化センターで開催された「第49回日本結合組織学会学術集会」で
「JSMBM2017 Young Investigator Award(YIA)」を受賞しました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

MNTCワークショップ!第38回講演会

本学教養学部芸術学科デザイン学課程の富田先生をお招きし、
デザイン学課程の学生さんとMNTCの研究者が協働で研究内容を図解します!
これぞ文理融合!興味のある方はぜひ様子を見にお越しください。

2日間のワークショップを終えて…
じゃーん!↓こちらが今回の成果物です!

MNTCキャリアトーク!第37回講演会

中川産業株式会社の代表取締役副社長(中川 敬章氏)に企業紹介をしていただき、
自由に質問できるフリーディスカッションタイムも設けます。
自動車部品などの開発や製造に興味のある方は、ぜひお越しください。事前の申し込みは必要ありません。

砂見講師が日本機械学会奨励賞(研究)!

Dr. Sunami

2016年度(平成28年度)日本機械学会奨励賞(研究)
受賞タイトル: 薄膜プラスチックに対応したウェブハンドリング技術に関する研究
受賞者: 砂見 雄太 東海大学工学部機械工学科(マイクロ・ナノ研究開発センター)講師

概要: ウェブハンドリング技術は、我が国のものづくり産業分野を支える重要基盤技術であるが、そこでの技術課題、とりわけプラスチックフィルムと鋼ローラ間のトライボロジー特性の予測並びにプラスチックフィルムの搬送・巻取り時における損傷予測の問題はこれまでそのほとんどが現場の経験と勘を頼りにしてきた.これに対して,本研究ではプラスチックフィルムの熱粘弾性特性や軸方向の厚みムラを考慮したプラスチックフィルムの巻取りモデルならびにプラスチックフィルムと鋼ローラ間のトライボロジー特性に対して学術的な立場からアプローチしており,これらによりフィルム上に生じる不具合を未然に防ぐための防止法を提案した.

日本機械学会による表彰式が 2017 年 4 月 20 日(木)明治記念館で行われました。

本学公式WEBサイト掲載記事はこちらから。

研究成果中間報告会&TUNE8開催しました

2017年2月25日(土)本学湘南校舎にて研究成果中間報告会ならびに
東海大学マイクロ・ナノ啓発会第8回講演会を開催いたしました。
学内外から多くの方にお越しいただき誠にありがとうございました。

開催についての記事はこちら(本学公式WEBサイト)
http://www.u-tokai.ac.jp
http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/shonan/news/detail/post_674.html

 

TICARの公式サイトをOPENしました

東海大学イメージング研究センターの公式WEBサイトをOPENしました。
同センターは本学が株式会社ニコンインステックとの包括協定により実現した産学連携共同利用研究施設であり、
マイクロ・ナノ研究開発センターが管理運営を行っております。
利用のご相談などお問合せはマイクロ・ナノ研究開発センター

研究成果中間報告会を行います

19571_mntc_kouenchirasi_4H26私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「高分子超薄膜から創成する次世代医用技術」における研究成果の中間報告を以下のとおり行います。

日 時  2017年2月25日(土)9:20〜受付 9:50~開会
場 所  東海大学湘南校舎6号館6B-101

事前申込みは必要ありません。
どなたでも聴講いただけます、ご来場お待ちしております。
 

Tune8を開催します!

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89-1東海大学マイクロ・ナノ啓発会【Tokai University Micro/Nano Enlightenment (Tµne)】は、東海大学の医理工など各分野で展開されているマイクロ・ナノサイズ領域における研究内容の相互理解を深めるため、学術講演会を開催いたします。第8回では、総合大学である本学の特徴を活かすべく、文理融合研究の創発に向けた相互理解を深めることを目的として、本学内の文系と理系それぞれから新進気鋭の研究者による口頭講演ならびに異分野融合研究のためのポスターセッションを企画いたしました。学生・教員が一堂に会して日ごろの研究成果を共に討論し、本会を通じて分野を超えた学内連携や共同研究が創発されることを願っております。つきましては、ポスターセッションにおける発表演題を募集いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

日 時  2017年2月25日(土)
場 所  東海大学湘南校舎6号館6B-101ならびに17号館2階ネクサスホール
参加費  学生1,000円、教職員・一般1,500円

*基調講演
『文理融合研究の推進に向けて-文系と理系の興味が出会うとき-』山花 京子 准教授(東海大学文学部アジア文明学科)
『理系の一研究者が体験した(体験中)の文理融合研究の面白さと課題』秋山 泰伸  教授(東海大学工学部応用化学科)
*特別講演
『洗浄論争とオリジナル——近代保存修復学と光学調査の射程』田口 かおり 講師(東海大学創造科学技術研究機構)

中川助教と上田研究員の研究成果が…

中川助教らの研究グループがエボラウイルスの
感染効率上昇に寄与する塩基突然変異を同定しました

中川草助教が長崎大学熱帯医学研究所や京都大学ウイルス研究所などと行なっている共同研究の成果について、学術誌「Genes to Cells」の電子版に「Functional mutations in spike glycoprotein of Zaire ebolavirus associated with an increase in infection efficiency」のタイトルで掲載されました。
Link to the article WEB sitePDF オープンアクセス

また、日経産業新聞(2017年1月19日)に記事が掲載されました。

本学公式webサイトの記事はこちらから。
http://www.u-tokai.ac.jp/academics/undergraduate/medicine/news/detail/post_34.html

岡村准教授が学会にて科学奨励賞受賞

 

岡村准教授が日本バイオマテリアル学会の科学奨励賞を受賞

岡村陽介准教授が「生分解性超薄膜の創製と貼るナノ材料としての医用展開」に関する研究で日本バイオマテリアル学会の科学奨励賞を受賞。11月21日から22日まで福岡国際会議場で開催された同学会のシンポジウムで、表彰式と受賞講演が行われました。同賞は、バイオマテリアルに関する優れた論文を発表している40歳未満の研究者に授与されるものです。

本学公式webサイト
http://www.u-tokai.ac.jp/academics/undergraduate/engineering/news/detail/post_184.html
学園メールマガジン「VISTA Plus」キャンパス便り
http://www.pr.tokai.ac.jp/vplus/page.php?rpot_nmb=006004

毎日新聞webマガジン:東海イズム

「先端研究と地域の発展を支える」と題して“クローズアップ研究室<特別編>”に
東海大学イメージング研究センターが紹介されました。
ニコンインステックとの共同研究代表者である槌谷教授が取材を受けました。

記事はこちら