機械工学科の落合教授と畔津教授らの研究グループがNEDOの国際協力事業に採択されました

工学部機械工学科の落合成行教授と畔津昭彦教授らの研究グループが展開するプロジェクト「ピストンリング周りの燃料とオイル挙動の明確化研究」がこのほど、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の2019年度「国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業(CORNET)」に採択されました。この事業は、互いの技術が競合しない分野での日本とドイツ企業等による技術開発やイノベーションにかかわる連携の促進を目指して、NEDOとドイツ産業研究協会連合(AiF)が両国コンソーシアム間の共同研究開発プロジェクトを支援するものです。 東海大学の総合科学技術研究所では、昨年度から学際型の共同研究ユニットとして「メソ領域における流れの可視化による新たな技術の創出」を展開。極小領域にあたるナノレベルから数十センチを超えるマクロレベルまでのさまざまな領域(メソ領域)で生じる物質の流れの解明を目指す研究を展開しており、本グループの研究もその一つとして取り組んでいるものです。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

ガネシュ研究員が2つの国際会議で学会賞を受賞しました

マイクロ・ナノ研究開発センターのガネシュ・クマール・マニ研究員(工学部精密工学科・槌谷和義教授研究室)が、10月29日に東京都調布市の電気通信大学で開催された「IRAGO Conference 2019」で、ベストポスター賞にあたる「IRAGO-STEM Young Scientist Award」を受賞しました。IRAGO Conferenceは、国内外の研究機関や企業で活躍する研究者や学生が最新の研究動向に触れ、ネットワークをつくる機会として電気通信大学と豊橋工科大学、本学が共同で毎年開催しているものです。ガネシュ研究員は、11月14、15日に静岡県浜松市で開催された「International Symposium on Biomedical Engineering」でも「Young Researchers Award」を受賞しました。

本学公式ウェブサイトの記事はこちら

第59回MNTC講演会を開催しました

東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター 第59回講演会
2019年10月10日(木) 14:00~15:00
東海大学湘南校舎12号館1階マイクロ・ナノ研究開発センター
「Synthesis of polymer/polymer nanoparticles of advanced hybrid morphologies using emulsion-based approaches」
Per B.Zetterlund(Professor,Co-Director)

イノベーション・ジャパン2019に出展しました

東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター
イノベーション・ジャパン2019に出展しました
2019年8月29日(木)・30日(金)
東京ビックサイト「イノベーション・ジャパン 2019」(主催:JST他)
「ライフサイエンス」分野にて喜多理王教授(マイクロ・ナノ研究開発センター)が、ポスターやサンプル等で自身の研究を紹介しました。

https://www.u-tokai.ac.jp/research/news/detail/2019_5.html

第57回講演会を開催しました

東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター 第57回講演会
2019年8月6日(火) 13:30~14:30
湘南校舎12号館1階マイクロ・ナノ研究開発センター
「脊椎動物形態形成遺伝子発現調節機構の進化:Dlx遺伝子群を例に」
理化学研究所 生命機能科学研究センター 高速ゲノム変異マウス作製支援ユニット
ユニットリーダー 隅山 健太 先生

古代アンデスの楽器を文理融合体制で研究しています

研究・産学連携ニュース
2019年06月03日

文化社会学部アジア学科の山花京子准教授を中心とする研究グループが、5月27日に本学が所有するアンデス・コレクションをもとに3Dプリンタで複製した楽器の演奏実験を行いました。

リンク: 3Dプリンタで再現した古代アンデスの楽器の演奏実験を行いました(2019年度東海大学ニュース)

第55回講演会を開催しました

東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター 第55回講演会
2019年5月11日(土) 15:00開始
湘南校舎12号館1階マイクロ・ナノ研究開発センター
・センターの概要について
・メンバーによる研究紹介(自己紹介)
・交流会(意見交換会)

リンク: マイクロ・ナノ研究開発センターのキックオフミーティングを実施しました (東海大学 2019年度ニュース)